前へ
次へ

冠婚葬祭のときに知っておきたいお金の知識

何年も生きていれば、冠婚葬祭に参加することも少なくないでしょう。特に結婚式の場合には、めでたい席のため積極的に参加したい気持ちもわかります。この時には、必ずご祝儀を持っていかなければいけません。ご祝儀の相場はその人の立場によっても異なるでしょう。例えば会社の同僚や友達の場合には、一万円から30000円ぐらい包むのが基本になります。会社の同僚の場合には10000円程度で充分ですが、友達に関しては仲が良いかどうかで決めても良いでしょう。ある程度仲が良い人は、30000円にしましょう。1万円に関しては、2つに割り切れるため結婚の場面では良くないとされています。これがお葬式ならば特に問題ないとされているため、この点の知識を持っておくと恥をかかないで済みます。次に、兄弟や子供の場合はどうしたら良いか問題になるところです。基本的に兄弟に関しては、30000円から50000円位が相場になります。もし迷うようならば、30000円包んでおけばよいでしょう。これに対して、親が子供に対してご祝儀を出す場合は50000円から100000円ぐらい包むのが基本になります。親子関係の場合には、それ以外にもお金を渡すことも少なくありません。

Page Top